6/22 笛はパラダイス!!@香櫨園教会(兵庫県西宮市)

6月22日土曜日、

兵庫県の南エリアは梅雨の晴れ間、

雲の間からのぞくお日様からはすでに真夏の力強い光線を感じるようでした。

 

昨年ご縁があって11月にチャペルでのコンサートが叶いました香櫨園(こうろえん)教会。

ぜひ第二回目を、との嬉しいご依頼を頂きました。

 

阪神電車「香櫨園」から夙川沿いに歩いて8分。海にほど近い瀟洒なたたずまいの教会です。

(教会ホームページより)

 

チャペルは落ち着いた木と白壁のしつらえ。

クラシックでレトロな雰囲気がとても素敵な聖堂です。

どの笛の音も自然に響き、古いアップライトピアノも柔らかな鳴り心地。

(教会ホームページより)

 

 

梅雨時には雨の歌を、ということで、

プログラム冒頭は、サンポーニャで童謡『あめふり』。

リズミカルなサンバ風にお届けしました。

 

 

(お客様に撮影していただいたライブ写真です)

 

おしゃべりはマイクなしでもよく声が通ります。

 

プログラムには載せていませんが、雲南省の笛バーウで『ゆりかご』も。

 

そして、賛美歌『いつくしみ深き』をアイリッシュ・ロウ・ウィスルで。

 

 

同じこの曲を、昨年11月のコンサートでは雲南省の笛バーウで演奏しています。

違った持ち味の音色による2つの『いつくしみ深き』。

どちらもこの曲のメロディの美しさと魅力が活きています。

 

 

『いつくしみ深き』アイリッシュ・ロウ・ウィスル

 

『いつくしみ深き』バーウ演奏(2018年11月4日)

 

 

 

 

 

サンポーニャのオリジナルバラード『無事』。

アルバム『笛はパラダイス!!』にも収められています。

 

 

〜きょう、今、無事に、

私たちがここで楽しいひとときを過ごせること、

それはけっして当たり前のことではなく、とてもありがたい特別なこと〜

 

そんな思いで『無事』というタイトルがつけられたこの曲を、

しみじみ受け取ってくださるお客様との出会いは、

私たちデュオにとって、また1つ大きな喜びと励みになりました。

ありがとうございました。

 

 

 

『無事』/野田晴彦

 

『底紅(そこべに)』/野田晴彦

 

 

 

コンサートの様子を香櫨園教会ブログでもご紹介いただきました。

https://www.koroen-church.jp/2019/06/22/世界の笛コンサート/

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL