2019.1.12(土)笛はパラダイス!!VOL.5 新春コンサート@代々木の森<リブロホール>

 

今回は贅沢にも、おなじみ山吹泰男さん、そしてリブロは初めての前川健彦さん、

お二人のカメラマンに撮影していただきました!

以下、山吹さんの写真は「Y.Y」、前川さんの写真は「T.M」とそれぞれクレジットします。

 

T.M

 

開演前に演奏者を待つ笛たち。

ん?!丸いものは何でしょう・・・?!笑

T.M

 

ピアニストを待つブリュートナー。

T.M
 

 

そして今回のプログラムです。

 

 

 

『雪』(ゆ〜きやこんこ)を

アイルランドの笛・ティンウィスルでアイリッシュダンス風アレンジで!

Y.Y

 

T.M

 

 

 

バロック音楽の名曲・ビバルディ「四季」より

『冬』第2楽章を、アンデスの笛ケーナで

レゲエ風味のリズムに乗せて。

T.M

 

昨年ユネスコ無形文化遺産に指定された

ジャマイカのレゲエ音楽ですが、

レゲエを世界に広めたボブ・マーリーさんは

「どんな物でも好きな音楽をレゲエの内部に包み込むことができる」と言っています。

「まさかこの曲がレゲエリズムに乗るとは!『笛パラ』ならではのアレンジですね!」と

お客さまの驚きの声がアンケートに多数!

 

T.M

 

 

今回初披露のオリジナル『ライムライト』。

チャプリンの映画「ライムライト」の

あの有名なテーマ曲はチャプリンが自ら作曲した素晴らしいメロディですが、

こんな懐し〜い感じの曲を作りたいな!と思って

笛パラ・オリジナルの『ライムライト』ができました。

 

Y.Y

 

ピアノソロで『ボンボニエール』。

「ゆりさんのピアノソロが聴きたい、

それも野田さん作曲のオリジナルで」という

お客様のリクエストに応えて昨年3月に初披露。

それ以来いつもアンケートの人気NO.1のレパートリー。

ボンボニエールは甘いお菓子の入った綺麗なケース(缶)のこと。

 

Y.Y

 

 

SET-1最後は、<ワンアンドオンリーのパフォーマンス>との声をいただく『ひまわり』。

 

Y.Y

 

 

セカンドセットの始まる前に「今日のクイズ」の抽選発表(笑)。

Y.Y

 

ファーストセットで演奏した『Lovetime Ragtime』は

私たちのライブではすっかりおなじみのレパートリーですが、

今回は「新春バージョン」(笑)ということで、

曲の途中にある有名な曲を挟み込んでみました。

「その曲の題名はなんでしょう?」というのが「今日のクイズ」。

 

T.M


お配りした用紙に答えを書いていただき、

ファーストセット終了後の休憩時間にステージに用意した投票袋に入れてもらって、

正解のかたの中から1名に「Lovetime Ragtime」も収録されている私たちのCDアルバムを

1枚プレゼントという趣向。

 

正解は、

フォークダンスでお馴染みの「レッツキス(ジェンカ)」。

ほとんどの方が正解を書いて下さり、

厳正な抽選のもと、お一人の方にアルバム『笛はパラダイス!!』をプレゼント!

 

 

2016年春に初披露して以来、

皆様に愛されているオリジナルバラードで、

「世の無常の哀しさと生きる喜びを感じる、

’大和心’を感じさせる名曲ですね」と

お客さまからの感想をいただいている

『無事』。

今年も無事で、みなさまと一緒に素敵な音楽の時間が過ごせますように!

Y.Y

 

 

「笛パラ流のユニークアレンジでバッハを聴いてみたい」

というアンケートのリクエストに応えて

有名なカンタータより『主よ人の望みの喜びよ』をゴスペルふうのアレンジで。

Y.Y

「半音の出ないサンポーニャでバッハができるとは!」と好評をいただく

『笛パラ』ならではのレパートリーです。

「おわり近くに『雪やこんこ』が紛れ込んだりしてクスッとさせられた!」と

アンケートに書いてくださったかたも。

T.M

 

 

ステージの照明を落として『星のゆりかご』。アイルランドのロウウィスル

T.M

 

 

ピアノソロ新曲『Oratio』。

『ボンボニエール』の好評で

「もっとゆりさんのピアノソロ(野田さん作曲)が聴きたい。

できたら各セットに1曲ずつ」というリクエストに背中を押され、

今回のために書き下ろした曲。

 

オラーシオはラテン語で「祈り」という意味です。

Y.Y

 

Y.Y

 

 

 

ファーストセットで演奏した『祖父の愛せしZamba』を聴いて

「大好きなテレサ・テンの歌を思い出しました!」という

アンケートの感想がありました。

プログラムには書いていないサプライズ裏メニュー(笑)として、

テレサテンさんの『つぐない』を

おシャレなキューバ風のピアノアレンジでお届け。

 

T.M

 

 

もう1曲、プログラムに書いてない裏メニュー。

ニューイヤーコンサートということで

おめでたい『庄内長持唄』(山形民謡)を

しの笛一本のアカペラソロで。

Y.Y

 

昨秋に初披露して以来好評のオリジナル曲『底紅』。

そこべに、は花の底部が紅いムクゲ。

ムクゲは朝鮮民族の花で、

次々と尽きることなく花をつけることから無窮花(ムグンファ)というそうですが、

朝鮮の名歌「アリラン」の出だしと同じフレーズで始まる

ゆったりした篠笛のためのワルツを作ってみよう、とずっと思ってて、

去年秋にできた曲。

T.M

 

 

 

SET2最後は、

お客さまにも手拍子で参加してもらって、おなじみ『フエフキー行進曲』。

みなさまありがとうございました!

T.MY.Y

Y.Y

 

 

新しい年号が始まる今年2019年。

私たちDUOはこれからもますます、

お客さまとのキャッチボールをしながら、

みなさまと一緒に作る楽しい音の世界を広げていきます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

Y.Y

 

諸事情によりリブロホールは今月で閉館・移転となり、

この会場でのコンサート『笛はパラダイス!!』はこれが最後になります。

1年間5回にわたるコンサート主催してくださったリブロオーナーの福島さん、

ありがとうございました!

ぜひ新しい会場での再開を期待しながら、

私たちもますますパワーアップしていきたいです。

Y.Y

 

リブロホールのステージを

輝きわたる素晴らしい響きで満たしてきた

『ブリュートナー』。

 

Y.Y

どこまでも広がる美しく温かいその音色は、

弾く人、聴く人の心をはずませ、

幸せにしてくれました。

本当にありがとう!

 

Y.Y

 

 

次回の『笛はパラダイス!!』VOL.6は、

私たちDUOの主催で、

原宿の「アコスタディオ」にて

4/27 土曜日、午後2時〜の開催を決定。

 

1984年、原宿駅のほど近くにオープンした

サロンコンサートホール。

60席の地下ホールは内装にヴァイオリンと同じ木材を使い、

ホール自体が楽器のように美しく響くアコースティックホール。

音楽の都「ウィーン」が生んだピアノの名器<ベーゼンドルファー>を常備。

ぜひお運びください。

 

 

 

 

コメント

野田さん、ゆりさん、ステキなレポートをありがとうございます。
次回4月27日の開催も決定したのですね〜〜。
嬉しいです!!
新たなコンサート会場で、益々お二人の演奏会が華やかになりますね
とってもとっても楽しみです
今後ともよろしくお願いいたします。 

白石和子  春節の翌日に。。。

  • 白石和子
  • 2019/02/06 00:57

野田さん、ゆりさん、ステキなレポートをありがとうございます。
次回4月27日の開催も決定したのですね〜〜。
嬉しいです!!
新たなコンサート会場で、益々お二人の演奏会が華やかになりますね🌸
とってもとっても楽しみです💛
今後ともよろしくお願いいたします。 

白石和子  春節の翌日に。。。

  • 白石和子
  • 2019/02/06 00:55
トラックバック
この記事のトラックバックURL