「笛はパラダイス!!」リリース記念ライブ@たまりばーる/メサ・グランデ

昨年12月にワールドフルートDUOの

初めてのアルバム『笛はパラダイス!!』をリリースし、

この2月は3カ所での記念ライブを開催しました。

第一回目の2月4日は西荻窪「Terra」で。

 

第二回目は、

2月10日の土曜日の午後、

JR南武線「久地駅」近くのオーガニックカフェ

「たまりばーる」で行いました。

 

「たまりばーる」は店主・金山悦子さんの、

新鮮な素材と

まっとうな調味料を

吟味した料理のファンが多い素敵なお店です。

 

 

昨年4月に

初めて「たまりばーる」でコンサートを開催、

今回は2回目のライブです。

 

寒い日が続く中、

この日は3月なみの陽気に恵まれ、

満席のお客様に聞いていただくことができました。

 

写真は、お客さまとして聴きに来てくださったカメラマンの前川健彦さんが撮影してくださいました。

 

今回のセットリストです。

 

 

まずはサンポーニャのボサノバ『はすをむく』でライブスタート。

 

 

「はす」とは、蓮。レンコンのこと。

レンコンを包丁で剥くとき、管(くだ)がいい音をたてるのにワクワクします。

レンコンもサンポーニャも管(くだ)仲間(笑)。

 

春先のフキを茹でて指で皮を剥くときもショワ〜っといい音がします。

フキも管(くだ)仲間。

 

「たまりばーる」は素朴なつくりの小さなカフェですが、

とても音の響きがよく、生音でライブが出来ます。

 

 

 

アンティークな調度品、

どうにか数を間に合わせた不揃いな椅子、

そこらに置いてある何気ない品、

そして時折お店の外を通るJR南武線の音、

それらがかもし出す雰囲気が

午後3時のマチネコンサートを盛り立てます。

 

 

 

一度聴いたら忘れられない、と言われる雲南省の笛・バーウで『三日月ボート』。

 

この曲のタイトルは赤星ゆりが命名しました。

 

「こんな曲ができたよ!」と

野田がピアノで弾いて聴かせたら、即座に

「中国の仙人のおじいさんが三日月型の小さなボートに乗っての〜んびり夜空の湖で釣りをしてるイメージ!!」

というコメント。

 

その場で曲のタイトルが決まりした(笑)。

 

オリジナル曲のタイトルは、曲が出来てから考えることも、

タイトルが先にあって曲を作ることもあるのですが、

こんな具合に決まることもあるのです。

 

ちなみに、

曲のタイトルにしたいコトバ、

またはタイトルになりそうなコトバ、

普段から本や新聞などいろいろなところから集めてファイルしています。

私たちのライブのために作曲したオリジナルは現在120曲ほどになりました。

 

宮沢賢治の童話

「双子の星」に出てくる

チュンセ童子とポウセ童子が

一晩中水晶のお宮で向かい合って

銀の笛を吹いていたのは

どんなメロディだろう?と

イマジネーションを掻き立てられて

作曲した曲『双子の星』。

 

そして同じくソプラニーノリコーダーで

『桜侏儒(さくらのこびと)』

 

染織家・志村ふくみさんの

著書「一色一生」の中に、

「桜の花のきれいなピンク色を

糸に染めたくて、

花びらを煮出して染めたら

灰色がかったうす緑にしかならない。

花が咲く2か月も前の桜の枝を

煮出して染めたら、

それは鮮やかな桜のピンク色に染まった」

というお話が出てきます!!

桜の木には

花を咲かせる小さな妖精が棲んでいて、

2か月も前から

花の準備をしているのですね!

 

<侏儒>とは<ちいさなちいさなヒト>、のことです。

 

 

 

 

〜ライブのお客さまからいただいたメッセージより〜

自然や四季の移り変わりのなかに包まれていること、

宇宙の中の小さな星に生きていることに

立ち返るような温かい気持ちになります。

ありがとう。

 

 

鍵盤リコーダーandes25とケーナで『アルパカ鉄道』。

andesで汽車ポッポの音マネがいつもウケるユーモア曲。


 

 

ファーストアルバム『笛はパラダイス!!』

ご希望の方にはCDジャケットに私たちのサインをさせていただきました。

あ〜 もうちょっと字をじょうずに書かなくちゃ〜〜、と思いつつ、、笑

 

 

一週間後、

2月18日の日曜日は、

JR南武線の三つお隣「武蔵新城」の

お野菜カフェ『メサ・グランデ』でのライブです。

 

カメラマン山吹康男さんによるショット。

メサ・グランデは珪藻土の壁とコンクリートの床、

オープンキッチンと高い天井のつくりで、

音が自然に心地よく響きます。

 

 

みんなでシェアする大きなテーブルとベンチシートで、お客様との一体感がアットホーム。

 

お馴染みのバーウを吹く時のちょっとユニークな表情。

 

向かい合わせで演奏するシチュエーションはメサ・グランデならでは。

いつもは見られない珍らしいアングルからバーウのほっぺたのパワーが伝わってきます!笑

 

 

ファーストアルバム『笛はパラダイス!!』。

 

風のように、どこかせつない音色から、

ポンポンとリズミカルで愉快なサウンドまで、

「サンポーニャ」、

悠久の時間と大気の流れを表すような

「バーウ」、

素朴でかすれた不思議な音色の

「アイリッシュ・ウィスル」

・・・

こんな色んな個性の笛たちの魅力、

そして、

音のパレット「マイクロピアノキーボード」のカラフルな音色で、

楽しいアルバムが出来上がりました。

 

ある方は、デスクワークしながら、

ある方は、車を運転しながら、

ある方は、お料理しながら、

「何度も聞いてます!」という

嬉しい声が届いています。

 

これまでライブだけでお届けしてきた『笛はパラダイス!!』を、

思い思いのプライベートな空間で

皆様にお楽しみ、共感していただけることが本当に幸せです。

 

これからはライブでも、アルバムでも、

楽しい笛の楽園をお届けします!!

 

<アルバム情報>

http://fuefuki.net/sample-page/

 

<ライブ情報>

http://fuefuki.net

 

<公式プロモーション動画>

http://fuefuki.net/livemovie/

 

〜ワールドフルート&チェンバロ〜

『ひまわり』

https://youtu.be/o2fIpodvTzA

『赤坂見附乗り換え』

https://youtu.be/iTVMBD6vHmg

『おうむのねむり』

https://youtu.be/vKeMxYRFyEA

『ラブタイム ラグタイム』

https://www.youtube.com/watch?v=bTu-j_umXsY

 

〜ワールドフルート&アンデス25〜

『聖者の行進』

https://youtu.be/7KlRZs5yi1M

 

『アルパカ鉄道』

https://youtu.be/uCQb7bFNxmE

 

ファンクラブのお問い合わせ

n3.y3.fanclub@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL