<沼津の保育園&幼稚園コンサート/クリスマスライブ/高輪プリンスコンサートのミニリポートです>

<12/15 沼津・光長寺の保育園&幼稚園コンサート> 

 

沼津・光長寺の付属の保育園と幼稚園で、

子供達のためのコンサートを頼まれて、ワールドフルート&ピアノのデュオで演奏してきました。

 

光長寺とのご縁は、4年ほど前、

お寺のご住職が私たちのライブを聴きにいらしたことがきっかけで、

お寺の恒例行事である<御会式(日蓮上人の法会)>のお練り行列で、

ピアニカやリコーダー、ギターなどで演奏できるような

新しいオリジナルの<お囃子>を作曲してほしい、という依頼を受け、

みんながおぼえやすく、楽しく一緒に演奏できるような現代のお囃子メロディが誕生しました。

 

 

 

それ以来、毎年10月12日の光長寺の「御会式」では、

ピアニカやリコーダーを持ち寄る地元の皆さんと一緒にこのお囃子メロディを演奏しています。

太鼓と鉦で打つのは本来のお囃子のリズム。

そこに私たちの新しいメロディがマッチして、

とても楽しいニューお囃子の演奏が繰り広げられます。

 

 

 

そのご縁で今回は、

光長寺付属の保育園と幼稚園の子供たちのために、

ワールドフルート、ピアノ、アンデスによるコンサートが行われました。

 

保育園、幼稚園、それぞれ30分ほどのステージでしたが、

リコーダー、バーウ、ケーナ、サンポーニャ、篠笛などが勢ぞろいし、

子供たちはそれぞれの笛の音色を楽しんでくれました。

笛の名前もすぐに覚え、元気な声で復唱してくれます。

 

 

 

「ハッピーバースデイトゥーユー」や「たき火」など、

子どもたちが知ってるメロディを演奏すると、

元気な声で嬉しそうに一緒に歌いだしてくれるシーンが幾度もありました。

ほんとうに楽しそうに歌う子供達の声と姿が嬉しくて、思わずじ〜んとします。


 

近くから見えるように、吹きながら客席に寄っていくと、

子供たちが食い入るように見つめます。

 

 

笛の生の音に接する機会は子供たちにとって楽しくそして珍しい、

何よりの貴重な体験でした、と、先生方も歓んでくださり、

私たちにとっても貴重で、嬉しい演奏会でした。

 

 

<12/24&25 ワールドフルート&チェンバロ Xmas Special>

 

ワールドフルート&チェンバロデュオ恒例のXmasライブ。

24日西荻Terra、25日武蔵新城メサ・グランデにて行いました。

 

 

写真はメサグランデでの山吹泰男さん撮影によるものです。

 

 

 

梶谷芳郎さんイラストのチラシと、ちょっと今回シュールな当日プログラムの表紙です。

 

 

 

 

 

 

セットリストは、

スタンダードなクリスマスナンバーから、

めずらしい中世のヨーロッパのキャロル、

ブルガリアのクリスマスソングなど。

そして冬ならではのオリジナル「雪虫」「雪渡り」。

バーウの「ペチカ」も好評です。

 

 

 

 

 

 

 

<1/2 高輪プリンスホテル貴賓館ニューイヤーコンサート>

 

ご依頼を頂いて出演してまいりました。

チェンバロでお正月!

ホテル主催のコンサート、しかも宿泊客限定のプライベート企画ということで、

演奏の様子や、終演後のお客様との交流の模様とかの写真がないのですが、

コンサート会場「金鶏」はとても響きが良くて、完全ナマ音での演奏!

 

 

写真はホテルのサイトからのものですが、

コンサート当日は会場のレイアウトがチャペルのように正面ステージに向かって椅子が並び

50人を超える方々に<ワールドフルート&チェンバロ>を初体験していただきました。

終演後、目を輝かせて話しかけてきてくれたお客さま多数!!

私たちの自主企画のライブのお誘いなどの交流を持ちました。

ぜひまたライブ会場でお目にかかれたら嬉しいですね!

温かい拍手と「いいお正月が迎えられました。」というお声も頂き、とても嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

 

 

2017年、皆様にとっても良い年になりますように!

ワールドフルートDUOもこれからますます、

音楽を愛する皆様とともに楽しい音の時間がたくさん持てるように、

ステップアップしてまいります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

<ライブ情報>

http://fuefuki.net

<オフィシャル版ライブ動画>

ひまわり

https://youtu.be/o2fIpodvTzA

赤坂見附乗り換え

https://youtu.be/iTVMBD6vHmg

 

 

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL