<11/10 武蔵新城・太陽第一幼稚園コンサート>

<11/10 武蔵新城・太陽第一幼稚園コンサート>

近所の幼稚園の「オータムコンサート」の出演依頼をいただいて演奏してきました。


幼稚園の先生から当日の写真が届きました。
園児の部20分、おとなの部(保護者&地域の方)1時間という構成。
(ここでは、写真撮影が行なわれた<おとなの部>のリポートをお届けします)

 

この日のチケットこんなに可愛い!下は園児の部のチケット!!

木肌の床がとてもここちよい会場!
去年出演した姉妹園の太陽第二幼稚園もそうでしたが、
太陽幼稚園は、廊下や階段、教室のそこここに木のぬくもりが感じられる設え!

南米の葦笛サンポーニャでオリジナル曲「はすをむく」。
はす(レンコン)を包丁でむくとき、しょわ〜って音がするけど、
サンポーニャの風みたいな音と似てるよ!っていう曲。


 

中国雲南省の珍しい笛バーウ。巴烏と書きます。
なんとものどかで牧歌的な音色を初めて聴いたひとはかならず
「へ〜っ!いい音!」とびっくりする笛。

この写真のアングルではわかりにくいけど(笑)、
赤っぽい楓(カエデ)の材でできています。


 

リコーダーでボサノバ風味の「きらきら星」。
アンケートに「知っている曲がアレンジと吹き方で別の曲のようなイメージ!」
というメッセージをいただきました。

私たちが「先生役」をしているインターネット番組ベネッセ教育情報サイト
<リコーダーを上手に吹きたい>でこの「きらきら星ボサノバ」が聴けるので覗いてみてください。

http://benesse.jp/movie/recorder.jsp

アンケートにたくさんのかたが温かいメッセージを書いて下さいました

 

*シンプルな笛でこんなに色んな表情の音楽を作り出せることに感激しました
 

*今まで持っていた笛のイメージが変わりました
 

*笛でこんな素晴らしい音楽がきけるとは思いませんでした
 

*(民族笛は)空気が異国に変わってしまうような気がするので、
「どこでもドア」ならぬ「空気のどこでも筒」だなあと感じました

 

*素敵な曲と音色に感動して涙腺がゆるみがちになっているところで曲が終わり、
お話が始まると気さくな「関西のおっちゃん」で・・・ギャップもまた素敵でした


 


ワールドフルート(世界各国の笛)で民族音楽を演奏するのでなく、

その笛の魅力を活かして作曲したオリジナル曲を演奏したり、
みんながよく知ってる曲をおもしろいアレンジでお届けしたり、
こんな笛でこんな音楽が聴けるのね!というフレッシュなおどろきを伝えたい・・・
という私たちの<笛遊び>のおもしろさと他にないユニークさを
聴いて下さったかたがたにしっかりキャッチしてもらえたことが、
アンケートの文面にあふれていて、嬉しいかぎりです!
みなさまありがとうございました。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL