<10/26 ワールドフルート&ピアノ@荒木町・ガイヤール>

ライブ活動15年を記念してのスペシャルライブ、
10月26日の日曜日の午後、雲ゆきが少しばかり気になる空模様でしたが、
たくさんのお客さまにお運びいただけて、おかげさまで満員御礼、好評のうちに終了いたしました。
ほんとうにありがとうございました。
(満席のためやむをえずお越しいただけなかったお客さまには心よりお詫び申し上げます)




ガイヤールは床に敷かれた木材、そして壁と天井のコンクリートがうまく融合しているためか、とても響きが良い空間でした。



ステージ後方の丸いオブジェは、客席から見ると「皆既日食」のようで面白かったと、お客さまの声。


輝く「日食」を背に、おなじみ<アンデス25>を楽しくご紹介!


アンデス25とソプラニーノ・リコーダーで「洞窟探検隊〜鉄腕アトム」。もはや鉄板ネタ。

今回、お客さまから「草原を渡る風のような音色」とおっしゃっていただいたバーウも
皆さまからの人気ナンバー1の笛です。

野田&赤星DUOのフライヤーでおなじみ梶谷芳郎さんによるイラスト&デザインワーク。
マントひるがえし、<NODA PLAYS NODA>、滑り降りて参上!





遊び心満載のかじやんのイラスト、今回も大好評でした。かじやん、ありがとう!


今回のセットは、NODA plays NODAと銘打って野田晴彦オリジナル曲をたっぷりお届けしました。
 


<プログラムの『アメとムチ』>というのがあって(笑)、みんながよく知ってる曲は『アメ』、よく知らないオリジナル曲は『ムチ』。
​ほとんどムチ、という曲目でしたが、お客さまアンケートを見ると「ムチが好き!」(笑)という嬉しい感想多数書いていただきました(嬉)。

 

ピアノとサンポーニャならではのオリジナル曲「わが町」は10年前に作り、演奏を重ねてきました。
今回のライブは久しぶりにワールドフルートとピアノの編成だったので、この曲も久しぶりに演奏し、また新しい発見がありました。




朝早くから会場の座席のセッティングを手伝ってくれたRayちゃん、PAのディレクションをしてくれた河田"ため"さん、そしてガイヤールの木元主基さん&亜由美さん、paoloさん、またチラシ&プログラムの”かじやん”、みんなどうもありがとう!
そしてみっしりきゅうきゅう状態の会場から、あたたかい拍手とご声援を下さったたくさんのお客さま、本当にありがとうございました。
皆様からいただくご声援を糧にこれから先の15年もますます励んでまいりたいと思います!
どうかよろしくお願い申し上げます。


(大宅さん、横井さん、山口さん:写真ご提供、感謝いたします。)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL