6月15日(日曜)ワールド・フルート&チェンバロ@西荻Terra

昨年7月に初めて、西荻窪のライブハウス『Terra』でスタートした「ワールドフルート&チェンバロライブ」、
今回でVol.5を数えることになりました。
<世界の色々な民族笛>と<チェンバロ>の組み合わせでどんなことができるだろう、
面白そうだからやってみよう!と始めたこのアンサンブル、
皆様のご声援をいただきながら、もうすぐ一年!季節もほぼひと巡り!ありがとうございます!

おなじみ梶谷芳郎さんのイラストによるプログラム表紙。今回はちょっと意表をついたアングル。


梅雨の晴れ間のとても暑い日になりました。
温度変化に弱いチェンバロをエアコンの冷気に馴らすため、開演5時間前の正午には搬入、調律をスタート。このチェンバロを作った山下真一さんのきめ細かいサポートあってのライブです。


開演を待つ笛たち。
南米の葦笛サンポーニャ、中国雲南省のバーウ、リコーダー、アイルランドの金属笛、、、



 

あめふり〜Over the Rainbowからライブスタート。6月にちなんだ選曲で〜す。
Terraでのライブは、マイク/PAを使ったライブハウスならではのサウンド。
ナマ音とはまた違ったおもむきです。


 

SET-1の最後は、野田オリジナル「赤坂見附乗り換え」。
写真がないのですが、アルトリコーダーで。
アルトリコーダーとチェンバロはバッハの時代から最もオーソドックスな組み合わせですが、このオーソドックスな組み合わせで、オーソドックスからはほど遠い曲を聴いていただこう!という趣向です(笑)。
ブルガリアダンス風の11拍子のロック(!?)。アカサカ・ミツケ・ノリカエで4+3+4の11音。
PAを使ったサウンドならではの低音の迫力に客席は笑顔!まだ聴いてない、というかたは次回ぜひ!

プログラムの見開きは、W杯にちなんで(笑)だそうです。
かじやん、ありがとう!


}
休憩中の屋外。『Terra』の玄関。
お客様、私たち、そして「赤いチェンバロ」もここから入りますよ。



終演後、ブラスバンド出身でした、というお客さんに、雲南省の笛バーウ(巴烏)の説明。「吹いてみたい」とのリクエストで順番に一人ずつバーウ初体験。「あんなにのどかな音なのに息シンドイ〜」とみなさん異口同音!

チェンバロ作者自らの楽器説明を聞けるのも、お客さんには新鮮でたのしいひととき。


ライブおつかれさま!みなさん、ありがとうございました!!
すてきなアジサイ、ひまわり、牡丹の花をいただきました!
季節はこれからどんどん夏に向かってまいりますね。
梅雨が明けたら盛夏到来!またお会いしましょう!


(今回の写真はお客様のYさん(写真左端)が撮って下さったものを使わせていただきました。ありがとうございました!)


野田晴彦 : アイリッシュ・ウィスル、サンポーニャ、篠笛、リコーダー、バーウ
赤星ゆり : チェンバロ

チェンバロ協力 山下真一(鍵盤古楽器製作家)


 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL