ブルガリアコラボライブVOL.2

2012年2月26日日曜日、西荻Terraにて

ダンチョことヨルダン・マルコフ

弾いているのが、ブルガリアの民族楽器ガドゥルカです。

ボディ(胴)はクワの木だそうです。弓には馬のしっぽの毛を張ってあります。

弓で弾くのは3本の弦、その下部に多数の共鳴弦が見えますね。

小ぶりなボディなんですが、この共鳴弦があるため、音量が豊か。

そばで聴くと「アコースティックなのにエコーがかかってる!』ってかんじに聴こえます。

ダンチョの写真を見た、ことし82歳になる私の母親が

「あらあ、ええオトコやね〜、ちょっとうれいを帯びたハンサムさんやないの〜!」

と騒いでおりました。

ちなみに私に笛を習っている女性たちも、まったく同じ反応!(笑)。

日本女性にモテるルックスなんでしょうか?


小倉昌浩とダンチョ

たまたまですが、住まいがvery近所のふたり。

このユニットのリハーサルは前回は小倉宅、今回はダンチョ宅で行いました。

小倉氏は6歳の男の子の、ダンチョは4歳の女の子のお父さんです。

(ダンチョの奥さんは日本人です)


「赤坂見附乗り換え」を演奏中の3人

ブルガリア・コラボのために、書き下ろした曲。

「ボクにもワカル11拍子」というサブタイトルがついています(笑)。

アカサカ・ミツケ・ノリカエで11拍です。

ブルガリアのトラディショナル音楽には、5拍子、7拍子、9拍子、11拍子・・といった

奇数拍子のダンス曲がたくさんあります。最初はアタマが混乱しそうでしたが、

慣れてくるとミョーな心地よさがあってクセになります(笑)


寒い中、遠いところからもたくさんのお客様が足を運んで下さり、

とてもホットなライブになりました。

ありがとうございました。


野田晴彦

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL